お家で簡単居酒屋メニュー

居酒屋のおつまみをネットを駆使して作ってみる

手間暇かけて作られている野沢菜の美味しい漬物

手間暇かけて作られている野沢菜の美味しい漬物

一般的に野沢菜は漬物としての印象が強いようです。さらに野沢菜は意外にもカブの品種だそうで信越地方で多く作られているそうです。 野沢菜の栽培はまず、種を育てることから始まります。前年の秋の終わりに種をまき、5月頃には1メートルの高さにまで成長するそうです。そして、畑一面が 黄色の絨毯で埋め尽くされます。黄色い花と黄緑色の葉とのコントラストは、訪れた多くの人々に感動を与えるそうです。 高野辰之氏があの有名な「菜の花畠に入日薄れ」で始まる「朧月夜」を作詞したと言われています。余談ですが、作曲は、岡野貞一氏です。このコンビで「ふるさと」も作られています。誰もが口ずさみ「日本人のこころ」を今でも伝えているのではないでしょうか。 さて話は戻りますが、収穫は6月の初め頃から7月上旬に行われ、陰干しにした後、棒などでたたき種の収穫をするそうです。そのあと畑に肥料をまき、耕して、次の作業に備えます。漬物用野沢菜の種まき作業は地方によって多少差はあるそうですが、8月の終わりころから9月の上旬ころには行い、10月中旬までに5回ほど間引きが行われるんだそうです。この間引菜を湯がくと絶品の味を楽しむことができるそうです。地元ならではの贅沢な味ですね。 いよいよ11月上旬から中旬にかけて収穫され、大きな木の樽に塩漬けされ、翌年の1月には、美味しい野沢菜漬けをいただくことができます。まさに今が旬ですね。

« »